【オンライン】日本初講演おしえてValts先生「リーヴ人ってどんな人々?」

¥2,500

在庫16個

カテゴリー:

説明

このオンラインイベントは、「バルトの森」主催のバルト三国をより深く知るためのイベントです。録画録音は認められておりません。ご了承ください。
カメラはON、OFFどちらでも良いです。登壇者との臨場感をお楽しみにいただく場合はONにしていただければ、登壇者は話しやすいです。ご発言の際はマイクをONにしていただきます。
(イベントの録画データは、後日アーカイブ販売を予定しております。ご質問の際の声、映像が残りアーカイブ販売時にはその画像が使われますことをご了承ください。気になる方はカメラをOFFになさってください。)
駐日ラトビア大使館後援

内容:
日本で初のリーヴ人についてのイベントとなります。リーヴ人は本来ラトビア西部のクルゼメ半島とエストニア南部に分布し、現在はラトビアの一部地域に150名ほど残るのみとなったリーヴ人についての日本での講演です。リーヴ語話者は世界的にはほとんどおらず、「まぼろし」と言えるほどの言語となりました。
そのリーヴ人の末裔でもある、ヴァルツ先生にリーヴ人についてのお話を聞く事ができる大変貴重な機会です。
古い時代そして現代のリーヴ人について、伝統や文化、料理、そしてラトビアの各地にあるリーヴ人の遺したものをご紹介いたします。

日時:
2022年1月19日(水曜)午後7:30〜9:00(90分)
費用:2,500円(配布資料はありません)


講師  Valts Ernštreits(ヴァルツ・エルンシュトレイツ)
1974年生まれ
リヴォニア語(リーヴ語)と文化の研究者、ラトビア大学リーヴ人協会の会長、リーヴ人への支援、詩人、アーティスト
ヴァルツ氏は2021年11月にエストニア共和国外務省から市民外交官を授与しています。

通訳  Dana Antipova
ラトビア共和国首都リガ出身。日本在住。
関西日本ラトビア協会事務局員

★zoomについて
開催日の前日までに参加者の方々にメールでZoomのアクセスURLをご連絡いたします。
インターネット・コミュニケーションシステム「Zoom」を使用して開催されますので、
下記の環境があれば簡単に受講できます。
・インターネットに接続できる環境
・パソコン、タブレット、スマートフォンなどの閲覧機器
*ウェブカメラやマイクは必要ありません。
環境の詳細については、【※zoomシステム要件ページ】をご覧ください。
*スマートフォンの場合、事前にzoomのアプリのダウンロードが必要となります。

★ご予約受付期間
開催日の24時間前まで受付いたします。

★キャンセルポリシーと注意事項
こちらをご確認ください。

★オンラインイベントの参加方法がわからない方
こちらをご確認ください。